• 文字サイズ
  • 小さい文字サイズ
  • デフォルトの文字サイズ
  • 大きい文字サイズ
よくあるお問い合わせ
資料請求・加入申込はこちら
eフレンズにログイン
いずみ市民生協について

理事会だより

事業・経営の状況 2018年10月末の実績(2018.4~累計)

組合員数(自由脱退予定者除く)   530243世帯
出資金総額

 149億4,232万円

供給事業  520億9,706万円
(宅配事業) 333億8,719万円
(店舗事業)  134億8,033万円
(サービス事業)    20億6,743万円
(夕食宅配事業)    7億4,567万円
(エネルギー・通信)    24億1,642万円
その他事業収入   13億4,759万円
福祉事業

   7億9,700万円

総事業高
 542億4,166万円
経常剰余金累計     18億1,659万円

理事会での報告・協議・決定事項より―9月度

協議・決定した事項

(1)秋の総代懇談会の資料1を確認しました

(2)「いずみ市民生協グループのSDGsへのとりくみ方針」の一部改定(平和に関する記述に追記)を確認しました

(3)「商品政策」の一部改定(ハサップHACCP要件等の追記)を確認しました

(4)「電気事業政策」の文言の一部改定(CO2削減目標の追記)を確認しました

(5)「コープのえほんでスマイル事業」の内容の一部見直し(対象年齢・冊数・お届け月)を確認しました

(6)「フードドライブ」の実施実験の件

フードドライブの実施実験を2店舗で半年間行います。
実施店舗:コープ大野芝・コープ和泉中央

実施期間:2018年9月~2019年3月 毎月 第3月曜日~翌日曜日までの7日間  ※ただし、9・10月は第4月曜~、12月は第2月曜~

回収品目:常温で、賞味期限切れまで1か月以上ある未開封のもの。
<例>米、乾麺、調味料、缶詰、インスタント食品、レトルト食品、海苔、ふりかけ、菓子、緑茶、コーヒー、粉ミルク、離乳食 など

(7)とまとちゃん福祉基金支援事業審査結果の件

「子どもの生活・教育支援活動」に1件(泉佐野市の子ども食堂)の応募があり、諮問委員会の審査を受けて、支援団体および支援金を確認しました(1団体5万円)。

(8)「台風21号による産直産地支援募金」実施の件

〔宅 配〕企画回 10月2回~11月1回 OCR注文書募金欄で受け付けます(eフレンズ含む)。 ※ 10月1日(月)~11月3日(土)注文書提出分まで
〔店 舗〕 10月1日(月)~10月31日(水)募金箱を店舗サービスカウンターに設置

(9)「2018年北海道胆振東部地震緊急支援募金」の件

9月に発生した地震による災害緊急支援として、北海道生協連のよびかけに応え、100万円を支援募金として寄付することを確認しました。 

報告・確認した事項

(1) 2030年ビジョン策定について

2030年ビジョンの検討を2018年度より開始し、2019年度末迄に理事会答申をめざします。

(2)「2018年7月西日本豪雨緊急支援募金」の中間報告(18,416,245円)がありました

10府県への義援金を基本とし、一部を広島県災害ボランティアセンター等への支援金として送金します。

理事会での報告・協議・決定事項より―10月度

協議・決定した事項

(1) 気候変動イニシアチィブへの参加の件

日本生協連からの「気候変動イニシアティブ※」への加入の呼びかけを受け、加入を確認しました。 

※脱炭素社会の実現に向けてとりくむ企業や自治体などを中心とした組織

(2)堺西共同購入センター(仮称)新築の件

2019年10月までに、堺市西区浜寺石津町で、事業用定期借地契約により堺西共同購入センター(仮称)を開設する旨確認しました。

報告・確認した事項

(1) 書き損じはがき募金実施の件
家庭に眠っている書き損じはがき・未使用はがき・未使用切手・商品券等金券・外国紙幣等の寄付および仕分け作業ボランティアを呼びかけ、「とまとちゃん福祉基金」活動の周知、および参加しやすい地域福祉貢献の場づくりを行います。
【宅配】2019年1月4回(1月21日(月)~1月25日(金))
【店舗】2019年1月28日(月)より「書き損じはがき」封筒および回収箱をサービスカウンターに設置
【ボランティア作業期間】2月4日(月)~4月12日(金)(作業終了まで)(生協堺東本部他にて)
アピエ、ホットメール等でお知らせします。

(2) とまとちゃん福祉基金支援団体活動発表&交流会開催報告
支援した団体のスタッフを一堂に会した活動発表および交流会の開催報告がありました。組合員にも広く参加を呼びかけ、72人が参加しました。

(3)第9回いずみ・わかやま産直産地交流会開催について

2019年2月14日(木)10時00分~14:00
ホテルアゴーラ・リージェンシー堺 4階ロイヤルホール(予定)
【テーマ】『つなげよう産地と食卓 広がるみんなの笑顔』

(4) (株)いずみエコロジーファームの台風21号被害状況と現状についての報告があり、復旧のすすめ方を確認しました


理事会での報告・協議・決定事項より―11月度

協議・決定した事項

(1) 太陽光発電設備設置の件

共同購入センターおよび店舗の屋根5か所に設置し、FIT(固定価格買取制度)で売電することを確認しました。

(2)台風21号産直産地支援募金(配分)の件

6,701,643円(11/2時点)の募金が集まり、産直産地のいずみ・エコロジーファーム・堺グリーンクラブ・紀ノ川農協への配分の考え方(前年度の仕入高比率で按分)を確認しました。   

(3) マルイ農協グループ様からの台風21号被害の義援金400万円の件   

マルイ農協グループ様より、台風21号被害の義援金400万円を寄贈いただきました。この義援金は、いずみ市民生協グループ内で、事業継続の面でも影響を及ぼしかねない甚大な被害を受けた(株)いずみエコロージ―ファームに、障がい者雇用を守る上においても復旧資金として充当することを確認しました。

報告・確認した事項

(1) 秋の総代懇談会のまとめ

総代会議決の上期の到達点と進捗状況について、報告や討議を通じて確認しあうとともに、全体として理解を深めることができました。商品、事業・運営、組合員活動、地域社会づくりにかかわり、多岐にわたって率直なご意見や改善要望が寄せられました。いただいたご意見に基づき、必要な改善や検討をすすめます。
1.開催状況
(1)10月26日(金)~11月13日(火)の期間に9会場で開催。
(2)出席状況:519人中332人の総代が出席され、出席率は64.0%。
2. 懇談会会場で出されたご意見
商品・産直産地10件、宅配事業37件、店舗事業8件、サービス事業6件、組合員活動6件、地域社会づくり12件、その他14件、 計93件の多岐にわかるご意見が出されました。

(2) 2018年コープフェスタin岸和田のまとめ
「みんなの笑顔につながるCOOP体験」を開催テーマに、「体験」、「つながり」、「新しい発見」をコンセプトに地域での認知度アップにつなげることを目的に開催しました。
■日時:10月20日(土)10:00~15:00
■場所:岸和田市立浪切ホール
■参加:組合員・一般参加者など4,850人

(3)「店長を囲んだ座談会」の開催について

売場での商品の、売り方・見せ方・伝え方、競合店との比較のお声を聴き、売場づくりの改善に活かします。
■日程      2019年1月30日(水)
■会場      コープ和泉中央 集会室
■時間      午前10時30分~12時   午後13時30分~15時
■参加対象    コープ和泉中央に来店されている組合員 午前午後の2会場で延べ20人
■申し込み方法  コープ和泉中央のサービスコーナーにて受付

(4) 京都・亀岡太陽光発電所復旧計画について

平成30年7月豪雨、台風20・21号および、9/8局地豪雨での被害に対し、パネル設備復旧工事(1700万円)を行い、保険適用申請も並行してすすめることを確認しました。なお、今回の工事を行っても、投資回収計画の変更はありません。



このサイトは、プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を採用しています。
izumi-coop-top-footer.png 〒590-0075 大阪府堺市堺区南花田口町2-2-15 フリーダイヤル:0120-031-001
copyright